人気ブログランキング |

長野県栄村に移住して4年目。自給自足の農業をしながら、自然によりそって暮らす生活をつづります。 体験プログラム「ワンライフジャパン」もやってます。


by lalalar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

地震が変えたもの(1)

私たちの暮らす長野県栄村は、3月12日未明、震度6強の激震にみまわれました。

前日の東日本大震災の影響で、こんなに離れた土地で起きた
誰も予想もしなかった出来事でした。

まだ雪の多い雪国の山地のこと。
雪崩、土砂崩れ、地盤沈下、亀裂、道路や鉄道線路の崩落などが起き、
家々は崩れ、傾き、やっとのことで避難しました。

私たちの地区はさいわい
  地盤が岩だった、
  震源地から離れていた
ので、それほどひどい被害はありませんでした。
でも他の地区は目も当てられない状況です。
命を落とした人がひとりもなかったのが、不幸中の幸いです。

いま、村は復興にむけて一歩一歩進みつつあります。
でも容易ではありません。
自宅が倒壊し避難所に暮らす人も、まだ70人程います。
自宅に帰っていても、毎日震度3程度の余震がつづいています。
こころも体も疲れきって、無力感でいっぱいの人や
引きこもってしまった人、
家族や近所の人との関係がぎくしゃくしてしまっている人、
親戚に引き取られた人、
村を離れる決断をした人。

地震は風景をかえただけでなく、人のありようを変えています。
私たち自身、現地にいても先の事はまったくわかりません。
でも着実にかわっていっているのを肌で感じています。

これから少しずつ、
地震によって何が変わったのか、変わりつつあるのかを
私たちの視点から見つめて、記録していきたいと思います。
忘れないために。そして、忘れられないために。
by lalalar | 2011-04-18 09:40 | 田舎暮らし