長野県栄村に移住して4年目。自給自足の農業をしながら、自然によりそって暮らす生活をつづります。 体験プログラム「ワンライフジャパン」もやってます。


by lalalar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

雑穀を食べよう! 粟で作るチーズ風ドレッシング

昨日、2週間ぶりに長野から帰ってきました。
私が引っ越す白馬では、まだ朝夕は冷える日があります。
さわやかな高原気候ってやつでしょうか?
東京に帰って来て改めてその高温多湿を実感しました。
ななんと、3月頃にまとめて購入したアワ、ヒエ、たかきび、黒大豆に
みごとにカビが生えているではないですか!!!
今回はじめて無農薬・無化学肥料の雑穀を、岩手の農家さんから直接購入したのです。
送料が自己負担なので貧乏性の私はまとめ買い。
以前、東北の豆問屋さんから雑穀を買っていたときは、
味が多少落ちるものの夏越しも問題なくできていたので大丈夫と思いきや・・・
やはり、無農薬栽培の穀類は保存が難しいですね。は〜
もったいないのでとりあえず、カビで固まっている部分だけのぞいて
残りの部分(多少カビがついているのが肉眼で分かる程度)は
しっかり水洗い、匂いが残るといやなので念のため熱湯で一回洗浄したあと
普通に炊いてみました。

うん、大丈夫。食べられる!やった!

これで無駄にしなくて済みそうです。
それでも、こんなにたくさんの雑穀を冷蔵保存する空間もなく
とにかく消費するしかない。
今日からしばらく雑穀三昧の毎日になりそうです。トホホ。

*****************

というわけで、雑穀レシピ「粟のチーズ風ドレッシング」です。

粟はチーズに風味が似ていると言われ、ベジタリアンのチーズとしていろいろなレシピが出ています。私も何度かレシピを試してみましたが、なんかいまいち。
「チーズ」と言わなければそれはそれでおいしいのに、
なんか本物のチーズと比較しちゃって、どうもこれだ!とはいかない。ふむ〜

で、今日、カビの生えた粟を炊いたついでにいろいろ試してみたところ
これが、うまい!!!!全くチーズと遜色ないですぅ〜
もしかしたらカビの効果?!いえいえ、そんなはずはありません(と信じたい・笑)。

ということで、分量は適当ですが材料は以下の通り。
カメラがないので写真なしですが、映像的にはチーズフォンデュ。
蒸し野菜のドレッシングとしていただくと美味☆
濃度を濃いめにつくれば、パスタやピザにも。これから大活躍しそうです。わ〜い。

<材料>
炊いた粟(自然塩を入れた熱湯に投入。再沸騰したら弱火15分、蒸らし10分。)
和からしの粉(練るのが面倒なので粉のままで投入)
梅酢
米味噌(中辛。本当は麦味噌や白みそがいいと思うが、我が家にはないので代用)
エクストラ・バージン・オリーブオイル
豆乳
リンゴジュース
デーツ(甘みを足すために。包丁でペースト状にみじん切り。甜菜糖でもいいかも)
香辛料(お好みで。これを何にするかでチーズの味に変化がつけられます)

これをミキサーでブイィ〜ンとまわして出来上がり。簡単!うまい!
どんなタイプのチーズが好きかにもよりますが、私が作ったのはゴーダチーズ味。
香辛料はシンプルに胡椒とドライバジルだけ。なのにうまうま。
味噌の種類と香辛料を工夫すれば、チェダーやフェタの風味も作れそうです。
ベジタリアンじゃない人にも十分いけそうな味なので、
今度のパーティーでノン・ベジに食べさせてみよっと♪

勢いでつくりはじめて偶然できちゃったレシピですが私の定番になりそうです。
[PR]
by lalalar | 2007-06-12 09:17 | マクロビオティック