長野県栄村に移住して4年目。自給自足の農業をしながら、自然によりそって暮らす生活をつづります。 体験プログラム「ワンライフジャパン」もやってます。


by lalalar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

受け入れられない、つらさ

どんなに努力しても、どんなに一生懸命に頑張っても
どうしてもうまくいかないことがある。

自分では一生懸命やっているのに
どうしても、うまく相手に伝わらないのだ。

いろいろな言葉を使って、必死に説明しようとするのに
私にかけられる言葉はいつだって同じ。

「話そうとしない」
「何も努力していない」
「いつも同じだ」
「なにも変わっていない」
「いつも怒っているだけ」
「ネガティブなことしかみていない」

どんなに気持ちをこめてやっていても、
少しの食い違いがあっという間に大きなほころびになり
それまでの努力も何もかも十把一絡げに
「何もしていない」「変えようという気がない」といわれてしまう。

いったい私はどうすればよいのか?

これ以上、何を言えばいいのか?

何をすればいいのか?

私にはもうわからない。



自分のしていることがまるで無価値で、
自分は最悪な人間であるかのようにいわれるとき、
私はもはやどうしたらよいのかわからない。

そして、それが幾度となく繰り返されるとき
私はもはやどうしたらよいのかわからない。

受け入れられたいという思いが
何度も何度も撥ねかえされて、
結果がよめるようになったとき、
人はあきらめるのだと思う。
もはや何をしても意味はない、と。
自分の無力さを思い知り、
そして相手への漠然とした憎しみが
心の中に澱(おり)のように積み重なる。
それがいつの間にかいっぱいになり、
これ以上受け入れられなくなったとき
心がくじけるのだと思う。

私の心もくじけてしまいそう。
もうこれ以上、何をすればいいのかわからない。
[PR]
by lalalar | 2008-09-08 16:03 | 雑感いろいろ