人気ブログランキング |

長野県栄村に移住して4年目。自給自足の農業をしながら、自然によりそって暮らす生活をつづります。 体験プログラム「ワンライフジャパン」もやってます。


by lalalar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:アウトドア( 11 )

DSC_4515 copy.jpg

雪山登山から2週間。
先週末も強い冬型の気圧配置で、しっかり雪が降りました。
今週に入ってからもかなりまとまった雪が降りました。

そんな中でも、春の気配は日増しに強まっています。
例えば、雪虫と呼ばれる小さなカワゲラの仲間を
雪の上でよく見るようになりました。
いままでは仮死状態だったクサムシ(カメムシのこと)が
少しずつ動き始めています。
おばあちゃんに聞いた話では、春が近くなると雪の色がかわり
灰色がかってくるということ。
(これ、本当です!冬真っ盛りのときは水色っぽかったのに
いまは確かにグレーに見えます。)

春はいっぽいっぽ近付いてきています。

◇ ◇ ◇

さて、雪山登山ですが、
私たちは万全の準備をととのえての出発だったのですが
実は地元の人はと~~~~っても心配していたようです。
出発前に地形図にルートを書いたものを区長さんに
渡していったのですが、遭難したらどうするかなんて相談もされていたらしく、
帰ってきたらどこにいっても誰にあっても、山の話で声をかけられます。
栄村の人はよっぽど猟師でもない限り、雪山に行くことはないそうなので
とてもびっくりしたそうです。

でも中には、栄村生まれの栄村育ちでも雪山キャンプしたことない!
僕もいってみたい!といってくれる人もいます。
なので、3月22日~23日に村民と一緒に雪山ハイクする企画をしていま~す。
3月になると雪がしまるので、かんじきなしでも歩けるようになります。
ルートも参加者の体力と天候にあわせて、あくまで
楽しめるようなものにしたいと思っています。

春を待つ木々の新芽や動物たちの息遣いを感じながら春山をあるき、
夜は星明かりのもと雪洞でキャンプ。
キャンプファイアーをしながら語り合う。

こんなひと時を村の人たちと過ごしたいと思っています。

<おまけ>
前回のルートの地図です。
CAMPと書いてあるところが一日目のテン場。
そこからちょこっと登って、そのまま来た道を二日目に戻りました。
地図で見るとほんの少しの距離ですが、新雪をラッセルするのは
かなり骨が折れました。でも楽しかったよ~。

Untitled-1.jpg

planC.jpg
by lalalar | 2008-02-29 10:20 | アウトドア


まわりから「行くな」「死ぬぞ」と言われ続けていた
雪山登山から帰ってまいりました。
みんな元気でぴんぴんしています。

「苗場山、雪がすごかったんじゃない?」

そんな声が聞こえてきそうですが、なんのなんの。
私たちにとってはいい経験でした。

・・・といいたいところですが、
苗場山には行けませんでした。
前日から降り続いていた雪で、小規模の雪崩や
集落近くでもホワイトアウトという視界がゼロになる現象がでていました。

平野部にある我が家の近くでもあらためて雪のテストをしましたが、
一度溶けてかたまった弱層の上にある新雪が非常にもろく、
手でも簡単にくずれてしまう状態でした。

いま苗場に行く⇒死への近道

であることが明らかです。



そこで、うちの裏山から尾根伝いに野沢温泉方面に向かい、
大きなループを描いて大久保集落に降りるルートを試すことにしました。

1日目の金曜日はずっと雪が降り続き、
予定の半分もいけないところでキャンプ。
雪洞を掘って眠ったので温かかったものの、
途中で雪が溶けて天井が低くなり、緊急避難するという
ハプニングもありました。

2日目。
夜が明けてみると、夜通し降り続いた雪で
前日の足跡もほとんどかき消されています。70cmも降った様子。
深雪に強いかんじきを履いていても
雪の深さは私のモモの付け根から、深いところでは胸の深さもあります。
この雪ではスピード半減、野沢どころではないことは自明。
ルートを大幅に変更し、一番近い山のピークを目指すことにしました。

でもラッセルしても進まない!
100mを1時間のペースでのろのろ必死に進みます。
11時に設定した折り返しのタイムリミットが来ても、テン場からは
数百メートルしか上っていませんでした。雪って、すごい。。。



お昼前からやっと雪がやみ、陽も照りはじめ、
帰りの道のりは景色を眺めたり、樹木を観察したり
楽しい雪上ハイクになりました。
でも、気温が上がるにつれて雪が溶け、
深雪であるうえに重いという最悪のコンディションに!
ラッセル交代のペースもだんだん早くなります。
重労働、でもなぜか楽しい。。。

そして、午後5時前に集落に到着!
となりのおばさんにケンタッキーのチキンと
ドーナツの差し入れをもらってしまった。
おなかすていたんだよね~。うれしい!!Yさん、ありがとう!

んで、近所の温泉に入ったときの気持ちいいことと言ったら!!!!
(あ~~~~生きててよかった。。。)

後編に続く
by lalalar | 2008-02-20 20:01 | アウトドア
今週の金曜日から苗場山に冬山登山に行く予定。
なんども行くのをやめようと思ったけど、
いろいろ考えて行こうと決めていました。

↓10月末の苗場山山頂。この日が山小屋シーズンの最終日でした。
早朝は極寒!でも朝日の美しさは本当にすばらしかった!


でも、ここ数日晴れがつづいたあとに、昨日からの冬型気圧配置で
たくさんの雪が降っています。
苗場山へのアプローチの出発点となる信州秋山郷の役場の人の話では
小さな雪崩が起きているらしい。う~~~ん。。。

行くべきか。行かぬべきか。

せっかく大枚をはたいて買ったプラスチックブーツが使えないのもさびしい。

う~~~ん。悩みますね。

明日、雪のテストをしに行く予定なのでその結果と、
秋山郷の猟師さんに相談してみて決めようと思います。

↓冬季登山用のプラスチックブーツ(インナーがとれる)と、かんじきです。
今まで使っていた長靴とは履き心地が天地の差!(笑)

by lalalar | 2008-02-13 23:39 | アウトドア
土曜日に高尾山に行ってきました。
梅雨入りしたのにあまりに天気がよかったので、
引っ越し前ラストになるかもしれないと思い、歩き&走ってきました。

いつものように新宿から京王線で高尾山口へ。
お気に入りの自然観察6号路沿いに進みます。
木漏れ日がやさしい!
暑すぎず、乾きすぎず、しっとりとした清涼な空気が最高です。
ただし、人の多さをのぞけば、ですけど。

本当に人手が多くて、お子さん連れのファミリーも結構いらっしゃいました。
あと老夫婦や、バードウォッチングを楽しむ中高年のグループハイカー。
みなさんどちらかというとゆっくり歩きを楽しむタイプですよね。
それに対して、私は早歩き〜小走りで時間を計っているタイプ。
1分に一組追い越すようなペースでした。結構たいへん。。。

高尾山頂上まで、通常80分のところを50分で到着。悪くない。
そこから普通のトレイルランナーなら景信山から陣馬山の方にいくところを
もみじ台から小道へ。それから先がすごかった!
まさに理想的なトレイル。
1.まず人がきわめて少ない。
2.起伏が緩やか。走るのにもってこい。
3.トレイルの周りに木がうっそうとしていて、日差しが強くない。夏も暑くない。
4.森林浴効果抜群。森の中をかけぬける爽快感!

いや〜よかったです。
地元のおじちゃんと話したところ、こっち側は人が少ないから
おじさんはもっぱらこっち側を歩いているらしい。納得!
こんなすてきなトレイルを知ってたら、もっと高尾山に来てたのに〜
くやしぃ−よー

みなさんに紹介したい反面、あんまり人が増えてほしくないので
どうしても!という方はコメントください。こっそり教えます(笑)。
もしかしたら水曜あたりに、本当のラストランにいくかもしれません。
そのためには荷造り頑張らなくっちゃ!
でも今朝から風邪気味。発熱と鼻水、倦怠感でペースダウンしとります。。。

そうそう、今日つくったよもぎ餅、超おいしかったです☆
春先に長野県八坂村でつんだものを、さっと湯がいて、冷凍保存していたものです。
すりこぎですってから、うるち玄米粉・もち玄米粉といっしょにまぜて蒸しました。
しっかりした食べごたえ。よもぎのさわやかな芳香。しあわせ〜(^^)v
by lalalar | 2007-06-18 15:21 | アウトドア


先週、東京湾一周の自転車ツーリングをしました。
乗り物をいっさい使わず自転車だけで、
自宅発、自宅着の旅をしたのは今回がはじめてです。

千葉の新緑の美しさは息をのむほど艶やかで、
命の息吹をこころと体にいっぱい感じることができました。
こんなふうに自然の中で暮らせることができたらどんなに素晴らしいことでしょう。。。
少しずつ、心のなかで何かが動き出しているような気がします。

     *     *     *     *

旅の道のりはこちらをどーぞ。


<旅程を宇宙からながめると・・・>

新宿から東に向かって走り、一日目の夜は成東(成田空港の近く)で
夫の友人と食事をし、公園で野宿(テント泊です、一応(笑)。)

二日目は、中島デコさんのブランズフィールドに向けて出発。
玄米ランチプレートをいただいて、春の陽気のなか、ゆったりと過ごしました。
夜は養老渓谷の黒湯といわれる温泉をいただき、湯上りのビールで最高にいい気分♪

三日目は、富津市の金谷港から横須賀港へとフェリーで移動。
横須賀、浦賀、鎌倉をぷらりと観光。
鎌倉の銭湯では地元のおばちゃんたちとしばし歓談。
とっても気さくなおばちゃんたちでした。^^

四日目は、鎌倉から一気に代々木公園へ!アースデイです。
すごい混雑で、人ごみに酔ってしまいました。
楽しみにしていたブースを見つけられずに退却(汗)。
私にはちょっと規模が大きすぎるみたい。。。
毎月開催のこぢんまりしたアースデイの方が
いろいろな人とゆっくり話ができるので、私は好きですね。


<鹿野山の頂上から眺める房総半島①>


<鹿野山の頂上から眺める房総半島②>
by lalalar | 2007-04-27 16:00 | アウトドア

health & jog note (February 1)

Today's run: 7.7Km

最高の気分!食欲が旺盛なわたくし、カラダはちっとも軽くなってないけど馬力がすごい(笑)。
飛ぶように走るとはこのことに違いない。忙しくて一週間はしってないのに不思議だな。
まいにち20キロ近く自転車に乗ってたことが持久力UPの原因?
それとも最近肉食がつづいてたからかしら??(半年ぶりくらいのお魚&お肉でした)
どちらが原因か気になるところだけど、極めて快調!いえい (^0^)/

調子にのって、先月挫折した総距離目標に再挑戦!
2月も73kmめざしてがんばりま~す。明日もはしるぞぉ~~~。


Today's meals:
【朝 食】 玄米チーズリゾット(春菊、椎茸、豆乳、チーズ、アスパラ)、りんご&みかん、紅茶
【軽 食】 とら豆煮(虎豆、デーツ)、紅茶
【夕 食】 玄米、セイタンメンチカツ、味噌汁(小松菜、大根、若芽)、きんぴら、黒豆こんぶ


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]
by lalalar | 2007-02-01 20:53 | アウトドア

health & jog note (January 19)

Today's run: 4.7Km
今日は新月にあたります。人は月の満ち欠けに身体的・精神的に影響を受けるといいますが、ちょっと気分が不安定な気がしました。ゆっくり楽しく走ったら、ネガティブな気持ちも軽くなったみたい。

Today's meals:
【朝 食】 グラノーラ、りんご(3分の1)、豆乳
【ランチ】 玄米、味噌汁(ホウレンソウ、人参、玉葱)、きんぴら(ごぼう、人参、蓮根)、黒豆こんぶ、そば米のハンバーグ、白菜・キャベツと切干大根のラーパーツァイ
【おやつ】 白いんげんとりんごの煮物、紅茶
【夕 食】 玄米、温そば(大根、若布、青ねぎ、小松菜)


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]

-------
Today's run: 4.7km (3.0 miles)

Today's meals:
Beakfast Home-made granola, apple, soy milk
Lunch Brown rice, Miso soup (spinich, carrot, onion), Kin-pira (burdock, carrot, rotus root), stir fried white cabbage & sun-dried radish with spicy vinegar sauce, Buck-wheat burger, black bean cooked with shoyu soy-sauce, home-made natto
Snack while peas with apple sauce, red tea
Dinner Brown rice, soba (buckwheet) noodle with veges (radish, green onion, seaweed, green leaf)
by lalalar | 2007-01-19 23:46 | アウトドア

health & jog note (January 17)

(English follows Japanese)

Today's run: 7.4Km
雨のせいか体が重い!! 呼吸は平気なのに体の重さときたら、大変。睡眠不足も影響?

Today's meals:
【朝 食】 グラノーラ、りんご(3分の1)、豆乳
【ランチ】 玄米、そば米のハンバーグ、キャベツと切干大根のラーパーツァイ、うずら豆のシチュー
【おやつ】 卵クッキー2つ(平飼い卵)、紅茶
【夕 食】 そば(大根、ねぎ、玉ねぎ、わかめ)、玄米、自家製納豆、黒豆こんぶ、白隠元豆とリンゴの蒸し煮

ご覧お通り、豆ばっかり食べてます(笑)。豆のストックは常に10種類はありますね~。
そのうち紹介したいと思います。豆って本と、飽きないです♪


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]

-------
Today's run: 7.4km (4.6 miles)

Today's meals:
Beakfast Home-made granola, apple, soy milk
Lunch Brown rice, stir fried white cabbage & sun-dried radish with spicy vinegar sauce, Buck-wheat burger, Carioca beans stew
Snack 2 egg cookies (free range eggs, purchased from Co-op), red tea
Dinner soba (buckwheet) noodle with vege soup (radish, green onion, onion, seaweed), Brown rice, home-made natto (fermented soy beans), black bean cooked with shoyu soy-sauce, white peas with apple sauce

As you might have noticed, I eat *lots* of beans everyday. There are usually more than 10 kinds of beans stocked in our house, used for soup, main dish, vege dip and dessert as you like. I will introduce what we eat and how we eat sometime.
by lalalar | 2007-01-17 20:52 | アウトドア

health & jog note (January 16)

新しいカテゴリを作りました。 『health & jog note』
今年は初フルマラソンに向けて心身ともに磨きをかけたいと思うので、
走った距離と食事の内容を記録することにしました。

こうすることで、体調やトレーニングメニューのよしあしを見直すことができます。
特に、問題がおきたときに何がいけなかったのか振り返れるところが魅力です。

ただ漠然と走るのも面白くないので、
Marathon Training State of the Art というサイトの
Mileage Build-Up というプログラムを参考にして
毎日のトレーニングプログラムを組み立てる予定です。

あとヴィーガン・アスリートのサイト Organic Athlete も参考にしています。

ということで、1月の総距離目標は 73.5KMです!!
生まれてこのかた、こんなに走ったことあるでしょうか?!?
中高時代の持久走1キロでヒーヒーいってた私にとっては、まさしく未知の領域。

夫君がかえってきたときのビックリした顔を想像しつつ
がんばっちゃうもんね~~(笑)

-------
Today's run: 今日は休息日なのでランニングはなしでした。

Today's meals:
【朝 食】 グラノーラ、りんご(3分の1)、豆乳
【ランチ】 麦入り玄米、そば米のハンバーグ、味噌汁(大根、すき昆布、ねぎ、にら、小松菜)
【おやつ】 卵クッキー2つ(平飼い卵)、紅茶
【夕 食】 玄米、梅干、黒豆こんぶ、白菜・キャベツと切干大根のラーパーツァイ(カノウユミコさんの菜菜ごはんから)
【コメント】微妙に食べすぎ・・・かな?いつも汁物を作りすぎちゃうんだよね~。早く一人分の分量になれないと、汁につられてご飯がすすんじゃう。今日はお通じが快調(朝、昼)♪


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]

-------
For English readers,
Let me introduce my new trial to record how far I jog and what I eat everyday. Main purpose is two-fold. First, keep myself motivated. It is certainly a great help to see how much progress I am making visually. Second, it is supposed to help me understand what went well and wrong when I look back my training menu and meals afterwards.

My reference site is "Marathon Training State of the Art" which I found pretty comprehensive and informative. Also, my favorite site is "Organic Athlete" which is all about being a vegan athlete.

Hope I can somewhat impress Kevin (my husband) with my progress when he is back... :)

Today's run: Rest

Today's meals:
Beakfast Home-made granola, apple, soy milk
Lunch Brown rice, Buck-wheat burger, miso soup (radish, sea weeds, green onions, Komatsuna green leaf)
Snack 2 egg cookies (made from free range eggs, purchased from Co-op), read tea
Dinner Brown rice, black bean cooked with shoyu soy-sauce, stir fried white cabbage & sun-dried radish with spicy vinegar sauce, picked plum (ume-boshi)
by lalalar | 2007-01-16 19:10 | アウトドア
Hiking in Okutama

10日、11日と奥多摩に行ってきました。
夫君が旅立つ前、そして山が雪に覆われる前、最後の山行です。

昨年の秋、ハイキングと”出会って”しまってからというもの、
山に吸い寄せられるようにハイキングをしてきたと思います。
白馬に始まり、八ヶ岳や奥多摩に何度も足を運び、
とくに11月以降は奥多摩に毎週のように通っていました。

現在の奥多摩は、お正月過ぎに降った雪が北側の斜面でしっかり根雪となり、
日向でも昼間の気温で解けた雪が氷になってきています。
一週間前にくらべると朝晩の冷え込みも厳しくなりました。
10日に泊まった御前山避難小屋の朝5時の気温は、-5℃でした。

ひっそりと静まり返った山の中を、一歩一歩踏みしめながら進むとき
こころの中に静かで穏やかな気持ちが満ちていきます。
暖かくゆったりとしていて、なんともいえない充足感です。

ザク、ザク、ザク...

雪を踏みしめる音が耳にひびきます。

P1010322_1.jpg


11日早朝に御前山から都民体験の森を経て下山し、
東京都多摩川水源林での『枝打ち』のボランティアに参加しました。
森林ボランティアに参加するのは今回が初めてです。

峰谷集落にある間伐が済んだヒノキ林に入り、
節がなく、まっすぐで良質な木材となるように
一本一本、手で余分な枝をはらっていきます。
今回は4mのはしごを使って途中までのぼり、
そのあと木の枝をつたって登りながら
15m前後の高さまでの枝打ちを体験しました。

P1010419_1.jpg

はしごの4mでも高いのに、そこから先は『安全帯』とよばれる腰紐一本で
自分で枝を切りながら足場を確保しなければなりません。
指導者の方がおっしゃるように「木は生き物」なので
いつも都合のいい場所に足場になる枝があるわけではなく、
時には足一本で体を支えながらノコギリを引いたり、
1m以上の段差がある足場を登ったりする必要があります。

はじめのうちは、どうしても恐怖心が勝り、
「わわわ、落ちたらどうしよう・・・」
とか
「どうしてこんな危ないことしてるんだ~?!」
とか、
邪念、雑念とのせめぎあいが続きます。
雑念が入ると集中力が途切れ、体の動きが制約されるため、
よけい危険になってしまいます。
とにかく”集中、集中、集中”を心がけることが大切なようです。

4mのはしごを離れてから地上6m位に到達するまでが
一番怖かったでしょうか。
なんせ安全帯に全体重をかけながらの作業ですから、
安全帯がプッツンといったら(いかないとは思いますが)
いっかんのお仕舞いですからね。^^;

6mを超えてからは、ふっきれたように恐怖心がなくなり、
15mまでは一気、でした。
むしろ木に登っていることが楽しくて、
いつまでも登っていたい!と思ってしまうほど。

* * *

ヒノキという木は本当に強い木です。
地上15mにもなると幹も細くなり、
ゆれたりたわんだりするのに決して折れたりしない。
木の強さとしなやかさを実感しました。
枝打ちをするときは木目が細かくて堅いため
切りやすいとはいえないのですが、
かすかに匂うヒノキの芳香が何ともすばらしいものでした。

枝打ちをしながら、山の生命との一体感を感じ、
また昔の人たちの山の暮らしに思いをはせ、
連綿と続いてきた人間の営み、技(知恵)について
いろいろと考えさせられた一日でした。

* * *

↓指導者の三浦さんと。
プロの技をいろいろ教えてもらいました。信頼できる素晴らしい指導者です。

Climbing trees in Okutama
by lalalar | 2007-01-13 14:23 | アウトドア