長野県栄村に移住して4年目。自給自足の農業をしながら、自然によりそって暮らす生活をつづります。 体験プログラム「ワンライフジャパン」もやってます。


by lalalar
カレンダー

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Millet dumpling

最近は朝と昼がいっしょになってしまうことが多かったですが
今日はゆっくりランチを食べました。

昨日の夜からむしょ~~~に揚げ物が食べたかったので
メニューは揚げ物をメインにしました。

・ひえと蓮根のおとし揚げ
・かぼちゃの素揚げ
・きんぴらごぼう
・はと麦入り玄米
・ごま塩
・小松菜と大根の味噌汁

体もこころもほっと満たされました。

最近とくにそうなのですが、体が発するメッセージを強く感じます。
「もっと穀物を食べなさい」
「循環が悪くなってるから小豆を食べなさい」
「ストレッチが必要だよ」
などなど、何かメッセージを伝えてくるのです。

それにしたがって行動すると
体とこころが軽くなるというか、すっきりして落ち着くんですね~
本当に不思議です。

カラダは何が必要なのかよーく分かっていて
私達に教えてくれているのかもしれません。
ただそれを私達が「受信する」ことができるかが大事なのでしょうね。

Lunch20070131
[PR]
by lalalar | 2007-01-31 14:40 | マクロビオティック

冷え性は危険信号?!

「あなたは冷え性ですか?」

と聞かれたら、自信をもって

「いいえ、私は冷え性ではありません。」

と答えられるでしょうか。

マクロビを知るまでは、私はずっと自分が冷え性ではないと思っていました。
でも、マクロビをはじめて3年目に入ろうとしている今なら自信をもって答えられます。

「はい、私も冷え性でした。でも今は違います。」


女性、とくに若い女性の間では冷え性であることが
当たり前といっても良いような状況になっています。
たとえば、津山市の女子大生150人を対象とした調査では
約8割の人が自分が冷え性であると自覚しており、困っていると回答しています。
自分の周りでも、手足が冷えて困るという友人の顔が数名すぐに浮かびます。
冷え性は現代女性に共通の"持病"といってもいいかもしれません。
「冷えて困る」「なんとか直したい」とは思っていても
『みんなで渡れば怖くない』式にあまり深刻にはとらえていない人もいるのではないでしょうか。

実際、私も、冬場は靴下2枚重ねのうえに、フリースソックスをはき、
さらにスリッパとひざ掛けという厳重装備にもかかわらず
足先が冷たいという生活を長年おくってきました。
ひどいときは床に入っても体の芯が凍りつくように冷たくて
布団の中で身を小さく縮め、眠りにつくまでがたがた震えていたこともありました。
いま思えば完全に冷え性なのですが、「冬だから仕方ない」、「しもやけができない私は健康」と
問題とも思っていませんでした。

でも冷え性は本当は危険な症状なのです。

冷え性は、一般に、血流が悪くなっているときに起こるといわれています。
血流が悪くなると血管の末端まで血液がゆきとどかなくなり、冷えが起きるのです。

血流が悪くなると何がいけないのでしょうか?

血流が悪くなると、まずカラダの隅々まで栄養分や酸素が行き届かなくなり
老廃物や毒素、余分な水分がからだにたまります。
それによって、むくみ、肩こり、腰痛、倦怠感が起きるようになります。

ここまでは一般的にいわれている冷え性の結果おきる疾患症状ですが
マクロビでは血液の質にも着目します。
毒素がふえ、腎臓や肝臓の機能が弱まることによって血液の質が悪くなります。
血液の質が悪くなくなると、細胞の代謝が正常に行われず、
異常細胞ができやすい状態になっていくのです。これがガンの芽です。

ここで、先日お話をしていたマクロビアンの女性から聞いた話を思い出しました。
その方のご親戚の女性がガンで亡くなる前の数ヵ月間、
冷え性がひどくなって困っていたこと、また、
心筋梗塞で倒れたご主人(現在は回復されています)が倒れる直前の半年ほど
今まで一度も冷え性がなかったのに、毎晩、布団に入っても寒くて眠れなかったこと。
どちらの方も冷えの後に大病を患っていらっしゃいます。
もちろん科学的に二つの因果関係を説明することはここではできませんが、
いわゆる”血の巡り”が滞るということが体によからぬ影響をあたえるだろうことは
直感的に理解されることだと思います。
むかしから「風邪は万病の元」といいますが、冷えも万病の元といえそうです。

冷え性の症状は辛いものですが、マクロビの哲学にそって
食事の中身をみなおすことで改善できる可能性があります。
私も、玄米と根菜類をしっかり摂り、砂糖など極陰性をひかえることにつとめた結果
ずいぶん改善し、ここ数年は真冬でも靴下だけすごせるようになりました。
これからは裸足でもすごせるように努力を続けていくつもりです。

You are what you eat.
「あなたのからだはあなたが食べたものでできている」
[PR]
by lalalar | 2007-01-29 14:37 | マクロビオティック

マクロビの賄い飯

Dinner bento

私が働きはじめたマクロビオティック・レストランでは
『賄い(まかない)』の食事が2回あります。

一回目は
仕事が始まる前に、全員で集まって楽しくおしゃべりしながら
マクロビ仕様のディナーをいただきます。
玄米とごま塩を基本に、日替わりのワンプレートがつきます。
食べ物や料理、カフェの話から身の回りのことなど話題がつきません。

そしてもう一回は、仕事が終わってから。
『賄い弁当』としてお弁当箱につめて持ち帰ります。
ディナーの後片付けを終えたころには結構おそくなるので
一分一秒でも早く返してあげたい!という社長さんの気遣いです。

写真はつい先日の賄い弁当。
いつもはタッパーに入れてもらいますが、この日はお弁当箱に。
自転車で帰宅する途中、中身がちょっとずれちゃってますが(笑)、
メニューは5種類で、私の理解した範囲ではこんな感じです。

【左上】豆腐の松風風焼き物(小豆、人参、玉葱、白ごま)
【左下】切干大根と人参の煮物(真中に吹っ飛んでいるのもそれです・笑)
【右下】高野豆腐カツ
【右上】きのこと揚出豆腐の中華風(揚出豆腐、椎茸、しめじ、小松菜?、玉葱)
【下段】玄米&黒ごま塩

帰宅するとおなかがすいているのですが
夜遅く食事をするのは体に負担が大きいので、
翌朝、作りたての味噌汁と一緒に朝食としていただきます。
すっかり空になった胃の腑から味噌汁が体にしみわたり、
玄米と有機野菜、古式製法の醤油や油の滋養が
細胞ひとつひとつに行き渡るようで
からだがシャキーンと元気になります。

この感覚、すごーく久しぶりな気がします。
食後も体が軽くて気持ちいい!
いつもどれだけ自分が大食漢であったか反省しつつ、
少食への道は険しいのでありました。。。 ^^;
[PR]
by lalalar | 2007-01-23 18:32 | マクロビオティック

My fresh start

Frost in Yatsugatake Nov

今朝は東京も冷え込みました。横浜では初雪だったそうです。
東京も今夜、初雪となるかもしれません。
また受験生は、新しい未来への希望を胸にセンター試験に全力投球しています。

私も今日から新しいスタートです。

念願のマクロビオティック・レストランでの仕事が始まります。
料理が何よりも好きではあるけれど、厨房の経験が全くない私を
「若い人たちにチャンスをあげたい」と雇ってくださったオーナーさん。
感謝の言葉もありません。

マクロビオティックという哲学を実践の中から学び、
食を通じて社会のために役に立ちたい、という漠然とした私の『夢』が
小さな一歩かもしれませんが、少しずつ実現に近づいていっています。

オーナーさんの暖かいお気持ちに応えられるよう、
また誠心誠意をこめて調理するお料理で、
お食事をされる方のこころと体が健康になってもらえるように
一所懸命、精一杯がんばりたいと思います!
[PR]
by lalalar | 2007-01-20 13:44 | マクロビオティック

health & jog note (January 19)

Today's run: 4.7Km
今日は新月にあたります。人は月の満ち欠けに身体的・精神的に影響を受けるといいますが、ちょっと気分が不安定な気がしました。ゆっくり楽しく走ったら、ネガティブな気持ちも軽くなったみたい。

Today's meals:
【朝 食】 グラノーラ、りんご(3分の1)、豆乳
【ランチ】 玄米、味噌汁(ホウレンソウ、人参、玉葱)、きんぴら(ごぼう、人参、蓮根)、黒豆こんぶ、そば米のハンバーグ、白菜・キャベツと切干大根のラーパーツァイ
【おやつ】 白いんげんとりんごの煮物、紅茶
【夕 食】 玄米、温そば(大根、若布、青ねぎ、小松菜)


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]

-------
Today's run: 4.7km (3.0 miles)

Today's meals:
Beakfast Home-made granola, apple, soy milk
Lunch Brown rice, Miso soup (spinich, carrot, onion), Kin-pira (burdock, carrot, rotus root), stir fried white cabbage & sun-dried radish with spicy vinegar sauce, Buck-wheat burger, black bean cooked with shoyu soy-sauce, home-made natto
Snack while peas with apple sauce, red tea
Dinner Brown rice, soba (buckwheet) noodle with veges (radish, green onion, seaweed, green leaf)
[PR]
by lalalar | 2007-01-19 23:46 | アウトドア
Miso ingredients


Koji bacteria


味噌の寒仕込を終えました。
去年の夏前に初めて仕込んだ味噌がすこぶるおいしくて、
味噌汁や野菜の味噌煮は、もう、別人の料理かと思うほど。

一口食べては
「おおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ~~~~」

また一口食べては
「おおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ~~~~」

まさしく『手前味噌』ですね(笑)。
名古屋人のDNAがびびび~んとしびれてしまったワタクシ。
初めは一緒によろこんでくれた夫君も
私のしつこさにあきれて、今では目をそらしています。
でもでもでも、本当においしいんですよ!ほんとに!(笑)
これに味をしめた私は、前回の倍、10キロの仕込みに挑戦しました。


味噌は各地方、各家庭でさまざまな配合や熟成期間があり
風味も色もさまざまなようですが、
私は前回同様、生協で計量販売されている大豆と米麹でつくりました。
中辛味噌の配合になっています。
(いろいろな味噌の配合、熟成期間の例は、こちら。)

---------------------------------------
<材料>出来上がり10キロ
大豆   3100g
こうじ   2700g
天塩   1400g
愛情   いっぱい

<道具>
平和圧力鍋
すり鉢(20cm)、すりこ木
-----------------------------------------

前回はハンドミキサーでゆで大豆をがんがんつぶしたので楽でしたが、
どうしてもミキサーを回転させるために煮汁が多く水っぽくなってしまいます。
水分が多いと雑菌が繁殖しやすく、また熟成が早まるそうです。
(前回は水分が多かったせいか、たまり醤油がたくさんとれました。ものすごく美味です♪)

今回は長期熟成1年~1年半が目標なので、やや固めに仕上げるため、
水分量を調節しやすい、すり鉢、すりこ木で挑戦することにしました。

こ~れ~が~ねぇ~~~、まったくの計算ミスでしたね。

6キロ強のゆで大豆を20cmのすり鉢でつぶすということがどれだけ無謀なアイデアか
早々に思い知ることになります。

大豆をゆでながらゴリゴリゴリゴリ。
新しい大豆を足して、ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ。。。

約3時間はすり鉢で大豆をつぶしていたでしょうか。
もちろん腕は筋肉痛です!ムキムキッ
私がこれだけ食いしん坊でなければ
*絶対に*途中でやめていたと思います(笑)。

Grinding Soy Beans

やっとのことでつぶされた大豆ちゃん。
親の敵といわんばかりに、塩切り麹(塩と麹を混ぜたもの)といっしょに
これでもかと徹底的に混ぜられて(これも大変でした!容器の口が狭かった)
いま、野田琺瑯のホワイトシリーズ・ラウンドストッカー10リットル一杯に詰められ
三河本みりんで仕込んだ梅酒を重石に寝かされています。
2008年までしばしのお別れ。
もしかしたら2007年中につまみ食いするかもしれませんが、
オフィシャルには次の冬までお預けです。

ここまで、大豆をゆではじめてから合計5時間。
途中夕食をはさんで、夜中1時に終了となりました。Fin!!

(味噌作りの細かい手順は、
明らかに味噌作り歴ウン十年の方のこちらのサイトをご覧ください。すごいです。)


Miso in Container

しっかり醗酵して、アミノ酸とビタミンをたっぷりつくっておくれよ、麹くん。

雑菌なんかに負けちゃいかんよ、麹くん。

いじめられたら私に言うんだよ、麹くん

焼酎でギャフンって言わせてやるからね!(笑)

夏の転地返しで、また会えるのを楽しみにしてるよ、麹くん。

Adios! Chao! See you later, Koji-kun!!


Miso baby in asleep
[PR]
by lalalar | 2007-01-18 20:57 | 食文化

health & jog note (January 17)

(English follows Japanese)

Today's run: 7.4Km
雨のせいか体が重い!! 呼吸は平気なのに体の重さときたら、大変。睡眠不足も影響?

Today's meals:
【朝 食】 グラノーラ、りんご(3分の1)、豆乳
【ランチ】 玄米、そば米のハンバーグ、キャベツと切干大根のラーパーツァイ、うずら豆のシチュー
【おやつ】 卵クッキー2つ(平飼い卵)、紅茶
【夕 食】 そば(大根、ねぎ、玉ねぎ、わかめ)、玄米、自家製納豆、黒豆こんぶ、白隠元豆とリンゴの蒸し煮

ご覧お通り、豆ばっかり食べてます(笑)。豆のストックは常に10種類はありますね~。
そのうち紹介したいと思います。豆って本と、飽きないです♪


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]

-------
Today's run: 7.4km (4.6 miles)

Today's meals:
Beakfast Home-made granola, apple, soy milk
Lunch Brown rice, stir fried white cabbage & sun-dried radish with spicy vinegar sauce, Buck-wheat burger, Carioca beans stew
Snack 2 egg cookies (free range eggs, purchased from Co-op), red tea
Dinner soba (buckwheet) noodle with vege soup (radish, green onion, onion, seaweed), Brown rice, home-made natto (fermented soy beans), black bean cooked with shoyu soy-sauce, white peas with apple sauce

As you might have noticed, I eat *lots* of beans everyday. There are usually more than 10 kinds of beans stocked in our house, used for soup, main dish, vege dip and dessert as you like. I will introduce what we eat and how we eat sometime.
[PR]
by lalalar | 2007-01-17 20:52 | アウトドア
不二家が消費期限切れの原料を使い、継続的かつ組織的に
洋菓子を製造・出荷していた問題があきらかになりました。

多くのブロガーさんの記事やコメントにも食の安全に関する話題がみられます。
消費者はどんなにがんばっても供給者側の企業にくらべて情報量が圧倒的に少ないですから、
企業を「信頼」せざるをえない立場におかれます。
厳しい法令などで企業を規制、監視を!という声も聞かれます。
Command & Control といわれるこのような方法も一定の効果はあるでしょうが
行政が企業を四六時中、監視することもできませんし、
星の数ほどある食品業者の検査を頻繁に行うとなれば多大な行政コストがかかってしまいます。
長期的には費用対効果を考えると、コストが膨大になりすぎて非現実的です。

もっとも重要なのは、個々の企業の経営者のモラル、倫理観が確立しており、
さらにそれを組織的に教育し実践するための制度が社内にととのっていることだと思います。
そのためのインセンティブ(だけではないですが)を提供するのが
法規制であり、消費者の目、声だと思います。
二つが両輪となって機能するとき、最大の効果が発揮されるのではないかと思います。

今回の事件をうけて、スーパーや生協で不二家商品が撤去、販売中止となっていますが、
このような事後的な「消費者の目、声」だけでなく、
もっと事前に積極的に企業にメッセージを伝えられたらさらによいと思います。
それは買う・買わないという購買行動で示すこともできますし、
手紙や電話でコメントや質問を伝えるのも一つです。

知人の男性で、よくお客様窓口に電話をしている人がいます。
お菓子を食べながら「これ○○○かなあ?」とかつぶやきながら
お菓子の袋の裏をちら見。次の瞬間、受話器を手にしてます(笑)。
電話をかけると、相手の対応の仕方などで
その企業の顧客重視度や品質管理の姿勢なんかが結構わかるみたいです。
面白いですし、社会のためにもなるので、
フリーダイヤルでガンガンかけてみませんか??(笑)
(私もまだ未経験者です ^^;)
[PR]
by lalalar | 2007-01-17 09:50 | 健康

health & jog note (January 16)

新しいカテゴリを作りました。 『health & jog note』
今年は初フルマラソンに向けて心身ともに磨きをかけたいと思うので、
走った距離と食事の内容を記録することにしました。

こうすることで、体調やトレーニングメニューのよしあしを見直すことができます。
特に、問題がおきたときに何がいけなかったのか振り返れるところが魅力です。

ただ漠然と走るのも面白くないので、
Marathon Training State of the Art というサイトの
Mileage Build-Up というプログラムを参考にして
毎日のトレーニングプログラムを組み立てる予定です。

あとヴィーガン・アスリートのサイト Organic Athlete も参考にしています。

ということで、1月の総距離目標は 73.5KMです!!
生まれてこのかた、こんなに走ったことあるでしょうか?!?
中高時代の持久走1キロでヒーヒーいってた私にとっては、まさしく未知の領域。

夫君がかえってきたときのビックリした顔を想像しつつ
がんばっちゃうもんね~~(笑)

-------
Today's run: 今日は休息日なのでランニングはなしでした。

Today's meals:
【朝 食】 グラノーラ、りんご(3分の1)、豆乳
【ランチ】 麦入り玄米、そば米のハンバーグ、味噌汁(大根、すき昆布、ねぎ、にら、小松菜)
【おやつ】 卵クッキー2つ(平飼い卵)、紅茶
【夕 食】 玄米、梅干、黒豆こんぶ、白菜・キャベツと切干大根のラーパーツァイ(カノウユミコさんの菜菜ごはんから)
【コメント】微妙に食べすぎ・・・かな?いつも汁物を作りすぎちゃうんだよね~。早く一人分の分量になれないと、汁につられてご飯がすすんじゃう。今日はお通じが快調(朝、昼)♪


[Blue: today's distance; Red: current monthly total; Yellow: Target]

-------
For English readers,
Let me introduce my new trial to record how far I jog and what I eat everyday. Main purpose is two-fold. First, keep myself motivated. It is certainly a great help to see how much progress I am making visually. Second, it is supposed to help me understand what went well and wrong when I look back my training menu and meals afterwards.

My reference site is "Marathon Training State of the Art" which I found pretty comprehensive and informative. Also, my favorite site is "Organic Athlete" which is all about being a vegan athlete.

Hope I can somewhat impress Kevin (my husband) with my progress when he is back... :)

Today's run: Rest

Today's meals:
Beakfast Home-made granola, apple, soy milk
Lunch Brown rice, Buck-wheat burger, miso soup (radish, sea weeds, green onions, Komatsuna green leaf)
Snack 2 egg cookies (made from free range eggs, purchased from Co-op), read tea
Dinner Brown rice, black bean cooked with shoyu soy-sauce, stir fried white cabbage & sun-dried radish with spicy vinegar sauce, picked plum (ume-boshi)
[PR]
by lalalar | 2007-01-16 19:10 | アウトドア

グラノーラで朝食を

Granola

いつも朝食は軽めのものを紅茶と一緒に食べます。
朝は穀物を中心に軽めに食べる方が
体にエネルギーがいきわたり、元気が出るような気がします。

マクロビオティックやヨガでも、
午前中は体が不要なものを排出しようとする時間帯なので
朝食はなるべく軽くして、水分を多くとるのが良いといわれます。

その朝食にしばしば登場するのが、グラノーラ。
我が家では手作りです。
いろいろな穀物とナッツ、ドライフルーツのグラノーラに季節の果物を加え、
豆乳やストレートりんごジュースをかけていただきます。
ひとくちごとに、しっかり噛みしめながら
穀物を味わいながら食べることで
内臓と体全体にエネルギーが行き渡るようです。
(ついでにお通じがとってもよくなります(笑)。)

作り方はいたって簡単。
好きな穀物、ナッツ、ドライフルーツを混ぜ合わせて
オーブンで乾燥焼きするだけ。
2、3週間に一度つくりますが、毎回違った配合で
あたらしい味わいを楽しみます。

我が家ではこんなものをいれて作っています。

オーガニック・ジャンボオーツ
押し麦(国内麦)
炒り玄米(無農薬合鴨米)
炒りごま
ロースト・フラックスシード(亜麻仁)
ひまわりの種
かぼやの種
ピーナッツ
アーモンド
ココナッツ・パウダー
オーガニック・レーズン
ドライ・アップル
菜種油
メープルシロップ


・絶対にはずせないのが、炒り玄米。歯ごたえが最高です!
・ほぼヴィーガンの食生活なのでオメガ3の脂肪酸が不足しないように、
 フラックスシードを必ず入れます。
・ひと手間かかりますが、ごまとフラックスシードは
 当り鉢で少し摺ってから混ぜた方が風味がでますし、消化されやすいようです。

グラノーラに似たものに、ミューズリ(Muesli or Müesli or Müsli)がありますが、
こちらは焼成しない生の穀物類のミックスになります。
こちらの方がオーブンで焼かない分、陰性かもしれませんね。
本場ドイツで手作りされている方のインド・アーユルヴェーダというサイトが
ミュースリのレシピを紹介しています。

ミューズリのオススメの食べ方は、
たっぷりのフルーツシェイク(一口大に切った果物をタッパーに入れてシェイク)
と混ぜていただくと、びっくりするくらいおいしくなります。
フレッシュな風味が魅力です。

春になったら、季節に合わせて作り方をかえてみようかな?

DSC_7447_1.jpg
[PR]
by lalalar | 2007-01-14 23:21 | マクロビオティック