長野県栄村に移住して4年目。自給自足の農業をしながら、自然によりそって暮らす生活をつづります。 体験プログラム「ワンライフジャパン」もやってます。


by lalalar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

さわやかな 朝の光に包まれて
自然の命が 生まれている
緑の風と 戯れながら
育てる心に 微笑みのせて
さあ 貴女らしく生きてゆこう
明日 輝くために

果てしない 夕焼けの空を見ていると
あの日の思い出 よみがえる
母のぬくもりと 父の背中で
大きな愛を 伝えてくれた
さあ 女性らしく生きてゆこう
明日 輝くために

しなやかに 心と心がかよい合い
やさしく扉を 開いてく
貴女と出会えた この喜びが
しあわせ色の 夢へと踊る
さあ 私らしく生きてゆこう
明日 輝くために
明日 輝くために


・・・

これ、何だと思いますか?

勘の鋭い方だったら、歌の歌詞だとわかったと思います。

この歌、私が今日 初めて習った歌です。

その題名も 「JA女性の歌 明日 輝くために」。

JAとは農協のことです。
私はその女性部に 隣のおばさんのお誘いで 入りました。
料理教室など 地域でサークル的な活動をしています。
昔は集落に女性部があったようですが、人材不足で廃止になったため
女性部の活動がそれを引き継ぐようなかたちで 継続されているようです。

JAや女性部のことは さておき、
この歌詞 いろいろな面で面白いと思います。

すごく柔らかくて 温かくて 懐かしい気持ちになれる歌詞だと思います。
そういう意味で 良い歌だなあと思います。

でも気になるのが2番の 「さあ 女性らしくいきていこう」 の部分。
すごくひっかかるのです。
「なんで明日輝くために女性らしく生きていかなきゃいけないの?」って。
しかも それを 「さあ」 って言われると なんだか抵抗したくなってしまう(笑)。

女性だからできることや 女性の方が得意な傾向にあることが 多々あるとは思いますが
別に 女性らしく生きるかどうかは 個人の自由であって、
女性らしく生きてゆくこと=明日輝くこと と聞こえるような歌詞の歌を歌うことに
どうしても違和感を感じてしまいます。 

私自身、子どものころ 男になりたかったくらいなので
どちらかというと 女性的というより 中性的な方が 好きです。
だから スカートよりも パンツ派。 スポーツ大好き。
大工仕事だろうが、力仕事だろうが 何でもやりたい。
そんな私にとって 「女性らしく生きていこう」 という言葉のもつイメージが
性格的に受け入れにくいのかも知れません。
それとも 男女同権世代だから 敏感に感じるのでしょうか?

今日のJA女性部の支部定期総会は これを一同斉唱して 閉幕したのでした。
[PR]
by lalalar | 2009-03-01 20:34 | 田舎暮らし